スキンケア

足 ぶつぶつ 赤い 毛穴 シルキークイーン なら解決できるかも

投稿日:

目次

ムダ毛の自己処理のお悩みを解決してくれる「シルキークイーン」

手足のムダ毛処理、どうやって行っていますか?
おそらく、大多数の女性がカミソリを使って剃るか、毛抜きを使って抜く、という方法をとっていることでしょう。
しかし、それらの方法では、毛穴が赤くなる、毛穴がブツブツとして目立つ、埋没毛になる、黒ずみが出来てしまう、ということがあります。

これでは、ムダ毛を処理しても足を出すのを躊躇ってしまいますが、シルキークイーン(しるきーくいーん)を使えばそんなお悩みも解決できるかもしれません。

シルキークイーン成分

 

 
 

シルキークイーンはムダ毛の自己処理による肌トラブルの改善に効果的

ムダ毛を自分で剃ったり抜いたりするのは時間も手間もさほどかからないため、多くの女性が行っていることですが、肌トラブルを招く原因となることも多くあります。
冒頭でも触れた毛穴のトラブル、埋没毛といった肌トラブルは自己処理の肌ダメージによるものだと考えても良いでしょう。

なかには、皮膚がブツブツした状態が広範囲にわたって出来てしまうことで鳥肌のような状態になってしまうこともありますし、色素沈着になることもあります。
こういったムダ毛の自己処理によるトラブルを解決するために登場したのが、シルキークイーンです。

 
 

どうして自己処理が肌トラブルの原因になるの?

シルキークイーンについて知る前に、どうして自己処理を行うと肌トラブルを招くことになるのかを知りましょう。
以下のことに気を付けると、これから先肌トラブルが起きる確率を下げることができるかもしれませんよ。

 

カミソリの刃が肌を傷付けている

目には見えなくても、カミソリの刃が肌の表面を傷付けていることがあります。
これは、カミソリの刃が古くなっている、何度も繰り返し同じ部分で剃る、ということで起こりやすくなります。

切れ味の悪いカミソリを使っている場合は、いますぐに交換しましょう。
肌が傷付くと雑菌に感染する可能性が高まり、結果として赤み、埋没毛を引き起こします。

 

過度な刺激が黒ずみの原因になる

ムダ毛の処理を行う際の刺激以外にも、服と肌が擦れることでも摩擦や刺激を与えることになってしまい、肌を守るためのメラニン生成が始まります。
これが肌の黒ずみの原因です。

体を洗う際に力を入れすぎない、細身のパンツばかり履かない、締め付け感の強い下着はなるべく避けるというふうにすれば、黒ずみの原因はかなり減らせます。

 

乾燥も肌トラブルの要因に

顔に比べると、足のケアはあまり熱心に行われていない方が多いようです。
しかし、足の肌が乾燥すると古い角質が硬くなってはがれにくくなり、毛穴を塞いでしまうことがあります。

これも肌トラブルを招くひとつの要因ですので、保湿ケアをきちんと行いましょう。
保湿ケア以外にも、紫外線ダメージ、年齢とともに新陳代謝が低下することでも乾燥しやすい状態となります。

 
 

シルキークイーンに配合されている成分とその効果

シルキークイーンに使用されている成分は、天然由来の成分が中心となっています。
そのため、肌に対して刺激を与えることもなく、優しくケアしてくれますよ。

 

抗炎症作用を持つ「ビワ葉エキス」

ビワの葉には消炎作用があるため、カミソリの刺激で荒れてしまった肌を落ち着かせて赤みを抑える効果が期待できます。
肌のきめを整える効果もあります。

 

抗炎症作用と美白効果を持つ「カンゾウ由来成分」

漢方薬としても使用される植物の甘草には、グリチルリチン酸ジカリウムという消炎作用を持つため、ビワ葉エキスと同じように肌の赤みを抑制してくれます。
さらに美白のための力も持っているため肌の透明感を高めてくれます。

 

消炎作用と抗菌効果を持つ「カワラヨモギエキス」

フラボノイドとタンニンという消炎作用と抗菌作用を持っている成分で、肌の清潔な状態を維持するために効果があると言われています。
カワラヨモギエキスだけでも肌荒れを防ぐために効果的ですが、カンゾウ由来成分と相性が良く、互いに効果を高め合ってきめを整えたり美白効果を発揮することが期待されます。

 

黒ずみとくすみを予防する「アーティチョークエキス」

アーティチョークはチョウセンアザミという名前でも知られる植物で、アメリカやヨーロッパではまだ若い状態の蕾を食用に用いることがあります。

アーティチョークの中には、シナロピクリンと呼ばれる成分があり、肌内部にある「NF-kB」の働きを抑制してくれると言われています。
この「NF-kB」は、外部からの強い刺激によって活性化して異常発生します。
この活性化現象、ムダ毛の自己処理の際のカミソリの刺激によっても発生し、メラノサイトも活性化して色素沈着を引き起こしたり、角質を厚くしたりするようです。

しかし、アーティチョークエキスが「NF-kB」の働きを阻害、抑制してくれるため、黒ずみとくすみを予防できるようになります。

 

肌を保湿する「セラミドⅢ」

肌を乾燥させないためには、角質層にあるセラミドの力を高めるのが効果的です。
セラミドとは細胞間脂質と呼ばれる存在で、角質層で細胞と細胞の間の水分を維持するために働いています。
セラミドのなかでもセラミドⅢは角質のケアに効果があると言われています。

 

天然保湿因子「ピロリドンカルボン酸」

これはPCAという略称でも呼ばれるもので、吸湿性に優れ、肌の潤いを補給して弾力性と柔軟性を向上させてくれる成分です。
セラミドⅢと一緒に使うことで、水分量と水分保持能力がさらに向上することが分かっており、角質層をしっかり潤わせてくれることが期待できます。

 

肌を乾燥から守る「オリーブ油」

オリーブ油には肌に潤いと柔軟性を与えてくれるエモリエントというものが備わっており、肌の水分が蒸発することを防ぎます。
さらに、オリーブ油の中には質の良い脂肪酸、ビタミンE、ポリフェノールといった美容効果を持つ成分が含まれているため、肌を乾燥から守りつつ弾力性と柔軟性を与えてくれます。

 

保湿をして肌を健康にする「植物性スクワレン」

高保湿な成分として知られるスクワレンですが、私たちの体の中にも存在している成分です。
そのため、非常に肌馴染みがよく肌への浸透力もかなり高いと言われています。
この性質を利用し、シルキークイーンの中に配合されている成分の浸透力も高まることが期待できます。

さらにスクワレンには新陳代謝を向上させる作用もあるため、肌のターンオーバーを促して細胞の生まれ変わりをスムーズに行わせるよう働きかけます。

 
 

シルキークイーンを使った人の感想は?

いつもパンツスタイルだったのでひざ周りが擦れて角質が硬くなり、黒ずんでいたのでシルキークイーンを使い始めました。
角質が柔らかくなってきたおかげで、手触りがよくなり黒ずみもちょっとずつではありますが薄くなってきたと思います。

 

お風呂上りにシルキークイーンを使っています。
私は脱毛テープでムダ毛を処理しているのですが、テープを剥がしたあとの赤みもシルキークイーンを使うとすぐに治まるので脱毛後のケアにおすすめです。
だけどちょっと値段が高いのがネックかな。

 

スキンケアコンサルタントという方に相談できたので、シルキークイーンの使い方やポイントを丁寧に教えてもらいました。
自分の間違っていた点に気を付けながらシルキークイーンを使っているので、より効果が高まっている気がします。

 
 

まとめ

シルキークイーンは肌への負担となるパラベン、アルコール、紫外線吸収剤などを一切使用していないため、敏感肌の方でも安心して使えるようになっています。
しかし、それでも肌に合わないということもありますので、その場合には120日間の返金保証を利用しましょう。
シルキークイーンを使えば肌トラブルが解消できるうえに保湿ケアもできるので、次の夏までには美脚を手に入れることができますよ。

 

 
 

-スキンケア
-, , ,

Copyright© 美魔女目指して美容健康研究会 , 2021 All Rights Reserved.